ナイピルがあれば避妊に失敗したときでも焦らず対処できる

避妊薬ピルとはどういったものなのか?

「避妊薬ピルとはどういったものなのか?」のイメージ画像

望まない妊娠をさけることができるナイピルですが、ナイピルについて把握するためにはまず、避妊薬であるピルについて知ることが大切です。
ピルとは大きく「低用量ピル」と「アフターピル」の2種類に分類することができます。
そして、一般的にピルと呼ばれているのは前者の低用量ピルを指して使われています。
低用量ピルとアフターピルの違いは
・成分量
・服用方法
2つ。

低用量ピルは成分量が少なく体への負担が小さいピルで、アフターピルは低用量ピルよりも多くの成分を含んでいます。
そして2つめの違いである服用方法については、低用量ピルは事前に毎日決まった時間に服用することが必要なのに対して、アフターピルは避妊に失敗した直後にすぐに服用します。
低用量ピルは事前に服用を続けることで女性の身体を徐々に妊娠しない体にしていくのに対し、アフターピルは事後服用で一気に妊娠しない状態にすることで避妊します。
そのため、低用量ピルを避妊が失敗したあとに服用しても、妊娠をさけるといったことはできないということに注意する必要があります。

ナイピルはアフターピルの一種であるため、避妊に失敗した時に服用することで望まない妊娠をさけることができます。