ナイピルがあれば避妊に失敗したときでも焦らず対処できる

ナイピルはどのようにして妊娠をさけるのか?

「ナイピルはどのようにして妊娠をさけるのか?」のイメージ画像

ナイピルの作用は体内のホルモンバランスを変化させて妊娠をさけます。こうした作用はナイピルだけでなく、低用量ピルでも同様です。
違いは、薬に配合されている成分であるホルモン量の違いです。
低用量ピルは配合量が少なく、徐々にホルモンバランスを変化させていき最終的には妊娠しない状態にするため、体への負担は最小限となっています。
その一方で、アフターピルは配合されている成分量が多く、急激に体内のホルモンバランスを変化させることで、妊娠しない状態にするため事後避妊が出来ます。
その分、体への負担が大きくなってしまいます。

ピルによってホルモンバランスが変化することで、排卵が抑制されて精子と受精するのを阻害して妊娠を防ぎます。また、膣内の粘液の粘度を高めて精子の侵入を防ぐことでも受精をさけられます。
その上で、子宮内膜が厚くなるのを抑えて精子と卵子が受精したとしても着床を防ぎ妊娠が成立するのを避けます。
上記の3つの効果が相乗的に作用して妊娠をさけるため、ピルを用いた避妊は90%以上という非常に高い確率で避妊ができるのです。
一方の男性主導であるコンドームを用いた手法では、ピルと比べるとどうしても避妊率は下がってしまうため、より確実な避妊を目指すのであればピルの使用は最適といえます。